レイアウトで変わる!水草が醸し出すアクアリウム水槽の魅力!

お問い合わせはこちら

ブログ

レイアウトで変わる!水草が醸し出すアクアリウム水槽の魅力!

2020/06/19

 本日は、アクアリウム水槽で最も親しまれている水草水槽をご紹介して行きたいと思います。

 

水草を用いたアクアリウム水槽で最も重要なのが自然を再現すると言う事です。

そのため、様々な種類の水草をその水草に合った環境に配置し、より自然に近づけて行きます。

日当たりの好い所を好む水草は良くライトが当たる所に、日影を好む水草はライトの光が直接当たらないようなところ、根を張る物は土に植え、根を張らない物は流木や石に付けてあげます。

この様に様々な水草を用いる事で、自然の一部を切り取って来たかのような神秘的な水景を作ることが出来ます。

 

そして、水草の使い方やレイアウトによりアクアリウム水槽の醸し出す空気感は変わっていきます。

 

 

レイアウトでどの様に変わるかご紹介いたします。

 

 

 

まずはこの2つです。

使われている水草は、ほぼ同じです。

 

 

 

 

 

 

 

上の写真、下の写真共に流木などに付着(活着)するタイプで尚且つ光があまり必要でない水草をメインに用いてレイアウトしています。

上の写真は、細身の流木を用いる事で水草と水草の間に空間が広く作ることが出来、水槽の反対側がしっかり見えるほど開放的に仕上がっています。(写真の写りが暗く、申し訳ございません)

そのため軽く抜け感のある印象となっています。

 

一方下の水槽は、重厚感のある流木を土台として用い、流木が見えないほどに活着性の水草を使用してレイアウトいたしました。

水草の密度が濃く重厚感のある水景に仕上がっています。

 

 

使う水草がほとんど同じでもレイアウト方法によってこれだけ表情の違う水景を作ることが出え来ます。

 

 

 

次は、光を多く必要とする水草を用いた水槽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上下の写真共背面に背の高く伸び、尚且つ光を必要とする水草を配置するという似たような構図となっていますが、受ける印象は全く違う物となっていると思います。

上の水槽は、緑が鮮やかな種類の水草を用い新緑の森の様な明るく清々しい水景となっています。

一方下の水槽は、濃い緑とあえて流木や石を見せる事で自然の荒々しさが感じられる水景に仕上がっています。

 

 

この様にアクアリウム水槽は、レイアウト一つでかなり印象が変わってきます。

今回紹介いたしました水槽は、すべてお部屋の雰囲気にあわせ、デザインさせて頂いております。

空間の雰囲気に合ったレイアウトのアクアリウム水槽を施工する事で、より一層魅力的なアクアリウム空間に仕上がると思います。

 

 

ホームページに詳しい施工事例など御座いますので是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

お電話でのお問い合わせもお待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。